こんにちは。宮本です。

秦野に行ったので、今泉の三憩園に寄りましたよ。
仕事は渋沢だったんですけど、わざわざ行きたいんですよね。

いつもメニューを見ないで「ワンタンメンで」とコールしてしまいます。
この日もワンタンメンかと思いきや、メニューで値上がりなどをチェックしていたら、にらラーメンなるものが。

ワンタンメンよりもモヤシラーメンみたいなのを欲していたんですが、三憩園にはモヤシラーメンの設定はありませんので、それに近そうなものでにらラーメンにしてみたんです。
野菜の炒めたのが乗ってる系がよかったんでしょうね。

このメニュー、以前からあったとは思うんですけど、にら玉ラーメンは頼んでも、あえてにらラーメンにはしないものだと思うんですよ(笑)
で、たいがいここに来たら、みんなワンタンメン、チャーシューワンタンメン、チャーシューメン、ラーメンの4種のどれかだと思うんですよね。
その4種で9割なイメージあります。

私もまさか、せっかくわざわざ三憩園に来てワンタンメン以外を注文するとは思っていませんでした。

ですが正解。

IMG_8151

香ばしく炒められたニラが、いつものラーメンに乗せられています。

IMG_8152

相変らずのボリューム。
中盛や大盛には、怖くてできませんね。
とは言えすごく興味はあるんです。
中盛にするかにらラーメンにするかで悩んで決められなかったところに注文を取りに来られてしまったので、もう勢いでにらラーメンを注文しちゃったんですよね。

IMG_8153

ニラ、いつまでも味が染み出てきますね。
程よく臭みが抜けた程度まで炒めてあります。

とにかく麺が大量で嬉しいんですよね。
オレンジ色のデーハーな建物にかけられた看板に「手打ち」と書かれているので、本当に手打ちなんでしょう。
ま、手打ちかどうかは食べても区別できないんですけどね(笑)

歯応えや喉ごしが良くて、味が染みてて美味けりゃいいんです。
これくらいの太さがいいですね。
もっと太い麺を使ってる小田原系のお店もありますけど、スープが染みないのか、麺に味がしないお店がありますもんね。
で、そんなに他みたいな化学的な味がしないんですよ。
化学的な風味の強いスープも止まらなくなるから好きですけど、ここはそんなにケミカルではないタイプですね。

ケミカルで止められないタイプのスープを使うなら、三憩園くらい麺を入れてくれればいいのにって思いますね。
だいたい倍ですもんね。
とても満足して帰れるんですよ。

だいたいラーメンだけじゃ少ないから、次に豚カツ食い行ったり牛丼食い行ったりもしますよね。
ここだとそれは不要です。

お蕎麦屋さんなら蕎麦と天丼、ファミレスだったらハンバーグのセットとドリアみたいな感じじゃないですか。
夜ならビールとおつまみも頼むからそこそこ満腹になるんですけど、昼に食うラーメンって1杯だけですもんね。
おかわりしたいときがありますけど、恥ずかしいからスープ全部飲んで、水3杯くらい飲んで、満腹になった気分にして帰るんですよね。

休み時間、水道で水飲んで空腹をごまかしてましたよね。
あれに近い。

ラーメン屋には替玉があるじゃないか、と思われるかも知れませんが、その設定がないお店で頼むのは勇気がいるんです。

ライスを頼むという選択肢もありますけど、最初の注文時に頼んでおかないと、恥ずかしくて頼めないんですよね。
なんか一連の流れみたいなのがあって、そこから逸脱するようなことはできないんです。
いつもと違うことをすると、仕事とかでもなんかやらかすんですよね。
ルーチンってのは大事なんです。

ドボンとスープの中にライスを入れて、レンゲですくって食うんですよね。
麺よりライスのほうが美味いんですよね。

今思いましたけど、ワンタンスープとかもあるんですよ。
麺無しタイプのを頼んどいて、ライスを大盛で頼むのもアリかなと。

いや、麺は必要ですね。
麺がくぐった後のスープだからライスが美味いのであって、直にライスを投入しても尖った感じになりそうですよね。
家で生ラーメン買ってきて、スープを使わなかったりして、そのスープでお茶漬けみたいにしたんですが、美味かったには美味かったんですけど味が刺々しかったんですよ。

サッポロ一番の塩ラーメンで、麺をバリバリに割って粉かけて食うじゃないですか。
で、あの粉、半分以上かけると濃いから、残った半分と切り胡麻はお湯で溶いて飲むものだと思いますけど、あれにご飯を入れても、やっぱ尖ってたんですよね。

えぐいと言うか、まろみが少ないと言うか。
若々しくて荒々しい、なんて言うか、純粋な不良少年みたいな感じなんですよね。
ちょっと麺の表面の小麦粉みたいなのが混ざったほうがいいんでしょうね。
だったら少量のうどん粉を混ぜるとかすればいいのかも。
あんまり入れるとダマになるから、ひとつまみ程度でよさそう。

ここ、そんなに混んでなかったからか、注文しても後から2人入ってくるまで、作り始めてくれませんでしたね。
だから提供まで20分くらいかかりました。
しかも10分くらい後から来た人のほうが、数十秒ですが早く出されてました。
麺は一緒に茹でたほうが効率はいいんでしょうけど、後から誰も来なかったり、なかなか注文が決まらなかったりしたら、私はずっと待たされていたのかも知れませんね。
1人分ずつザルに入れて茹でる方式ではないので仕方ないのかも知れませんし、そこは気にしてはいけないことなのかも。
にらラーメンなんて頼んだ私が悪かったのかも知れないですね。

ま、秦野方面に行ったら、またちょっと離れててもわざわざ行くんでしょうね。
皆さんも、味とボリュームが欲しくなったら、行かれてみてはいかがでしょうか。



最後までお読みくださりありがとうございます。
課金されたり変なサイトに飛んだりしませんので、応援してくださる方は
↓ここをクリックお願いいたします。

不動産・土地ランキング