こんにちは。宮本です。

カップ麺が好きなんですけど、お店によって置いてあるものに偏りがありますよね。
カップヌードルやぺヤングはだいたい置いてありますけど、買いたいものがないお店もあります。
で、クリエイトに行くと、ニュータッチのカップ麺が買えますよね。

ニュータッチのもやしそばとねぎラーメンとチャーシューメンは昔からありますね。
左とん平さんが宣伝してたの、もう40年くらい前でしょうかね。
その頃にはもやしそばはありませんでしたが。

「美味いヌードル ニュータッチ♫」ですね。

大盛り系とか生麺タイプとかありますけど、やっぱ昔ながらのああいうののほうが、いかにもカップ麺的でいいですね。
パッケージもほとんど変わらず、もうチャーシューメンとかねぎラーメンなんて、昭和臭がプンプンしてきますけど、それがいいんですよね。

カップヌードルもそうですけど、昔からあるやつは、やっぱり美味しくて支持されてるからなくならないんですよね。

出前一丁なんかも昔からありますけど、ごま油が付いてるだけで他は大したことないのに残ってますよね。
出前一丁の、何て言うか、これに共感できる人は少ないかも知れませんけど、30年くらい前にやってたコマーシャルのCMソングで、「ごーまーごーまー うー うー ごーまーごーまー ひらーけーごまー」から「そだーちざっかりーは たーべざかーり」って部分を作曲したの、大瀧詠一さんじゃないかと思うんですよね。
モロにあのテイストで、脳内で再生されるんですよ(笑)
勘違いかも知れませんし、何年も経っているから、記憶が改変されているかも知れないですけどね。
ま、誰だっていいし、関係ない話になりそうだからやめときますけど(笑)

で、ニュータッチのはだいたい3つ揃って売ってるんですけど、やっぱりもやしそばが一番売れてますよね。

で、出始めの頃は90円とかで買えたんですけど、今は110円以下で買えることが少なくなりました。
人気が出ちゃったんですよね。
PB商品よりちょっと高いレベルで、内容量は従来と変わらないレベルですね。
クリエイトだから同じ商品でも場合によって値段に変動があります。
130円くらいしてたときもありましたね。

一般の消費者は、まずニュータッチを買いません。
ミーハーとまでは言いませんけど、30円高くてもカップヌードルやら赤いきつねとかを買うものだと思うんですよ。
ニュータッチの商品って、凄麺もそうですけど、サンヨー食品のカップスターとか、日清の麺職人とか、エースコックのわかめラーメンなどと同じ立ち位置だと思うんですよね。
なんて言うか、2軍の扱い。
プロ野球選手の年俸で言えば、カップヌードルは年俸4億で5年契約みたいなものですけど、ニュータッチは2000万以下みたいな。

パッケージを見ただけでどんな味か想像出来るし、真新しさはありませんし、特に量も多くないんです。
でも、それも、もやしそばが登場する前までのことでしたね。

3つを並べてみると、明らかにもやしそばのパッケージは、少し垢抜けています。
とは言え、食欲を失わせる色である青系の色を使用しておりますので、ジャケ買いみたいなことにはならないんでしょうね。
そんなにとろみ系が欲しけりゃ中華三昧の広東風を買っときゃ間違いはないんです。

茨城のニュータッチが、なぜ神奈川のサンマーメンをやるんだ?となりますしね。
ニュータッチのヤマダイが茨城の会社だと知ってる時点でかなりのオタクでしたね。

試した人だけが、この商品の良さを知っているんだと思います。

IMG_7497

味的には、カップ麺界でも屈指かなと。
味で勝負ならラ王とか中華三昧とかもありますけど、それを凌ぐと思いますね。
買ってきて、家にストックしておくと、次の週には無くなっています。

高級系みたいに4分とか5分とかにしないで、ちゃんと3分なのもいいです。

IMG_7498

スープ類の袋は、麺をほぐし終わってから投入するように注意書きがあります。
片栗粉でとろみを効かせるのに都合がいいのでしょう。

あ、ハンバーグは98円でした。
最後、ご飯をスープに投入しようと思ってましたが、こちらの都合上、ハンバーグが先に温まってしまいましたので、ご飯はスープに投入する前に終了しました。
電子レンジで加熱したのですが、その証拠に、1回爆発したのがわかりますね。
慌てて取り出して、お皿は熱かったんですけど、爆発していないほうはぬるかったです。

IMG_7499

ハンバーグとご飯が終わる頃、3分くらい経過したような気がしたので、フタを取って、まず粉を入れました。

IMG_7500

で、粉の上にタレ。

IMG_7501

よく混ぜて完成。

IMG_7502

麺もスープもヌルヌルで美味しいですね。

酸辣湯麺とか、こういうあんかけ系のようにヌルヌルしてるやつって、すするとその音が粘っこいんですよね。
「ツルツル」が「ズルズル」。
最初から「ズルズル」な人の場合、「ブヂュルブヂュル」みたいな音になります。

人が何を食ってるか、目隠ししても、匂いと音である程度わかりますよね。
蕎麦と饂飩では明らかに匂いも音も違うし、醤油ラーメンと塩ラーメンなら、匂いではもちろん、スープ飲んだ時の「あ”~」の吐息の声が決定的に違います(笑)
醤油ラーメンと味噌ラーメンなんて、ご飯とパンぐらい違うと思いますけど、おかか雑炊と玉子を落としたおじやでは区別つかないかも知れません(笑)

ま、区別出来たところで、そんな能力はカネにならないですけどね。

音などで判断して、その能力をカネにするってのは結構大変なんですよね。
水中のソナーが、水中や水上を航行する艦船の音を拾ってその艦船の種類を確定したりするんですけど、すごい能力だと思いますよね。
ま、動物が、匂い嗅いで、それが誰だか判別しますけど、それに近いですよね。
警察犬なんて、匂いで足跡を追っかけたりしますけど、そんな何時間も地面に匂いが付いているものなんだと思うと、なんか嫌になりますね。

犬の嗅覚に頼らず、機械でも正確に探知できるんでしょうね。
機械なら動物より正確に、細かく探知できると思いますけど、そういうのは作らないんでしょうかね。

指紋やDNAみたいに、人それぞれに特徴の違う、臭紋みたいなのがあると思うんですよ。
知らないけど(笑)
で、それを判別する機械をあちこちに配置しておけば、犯罪が減ると思うんですけどね。

空港の荷物のところとか、搭乗口の金属探知機と一緒に置いておくとか、それこそ駅の改札なんかに置いておけば、怪しい人をみんな調べられるようになると思うんですけどね。
犬は、人間にとっては無臭の薬物を、たとえ香水漬けにしたとしてもある程度感知するって言うんだから、機械なら犬の何十倍もすごいの作れるだろうし、やれれば世界中で大ヒットすると思うんですよね。
免許やパスポートと紐づければ犯罪やテロも抑制できるし、世界中の空港や駅などに売れば儲かるし、いいことだと思いますけどね。
Nシステムとか防犯カメラがあるんだから、同じようにやればいいと思うんです。

個人情報?
もちろん指紋やDNA情報なんかと同じように管理すればいいし、それが漏れたところで活用できるほど鼻のいい人間はいません。
対象者がどこを何時に通ったかわかるだけでいいんです。

全国にある監視カメラと全部のドライブレコーダーの情報を収集することよりも、制度的には簡単な気がしますけどね。

ま、犯罪抑止のために監視をきつくするということは、市民の行動を制限することに繋がります。
奥さんに内緒で浮気だってしたいし、自粛ムードの中でも酒飲んでわいわいやりたいのに、どっかで見られてると思うと、それらの不届きな活動を遠慮するようになり、そのために消費されるはずだったお金や資源が使われずに停滞することになります。

お金は回ってこそが経済であり、貯め込んで固定させることは、いいことではありません。
とは言え、犯罪は無くなっても経済は良くならないということにはならないでしょうね。
安心して経済活動を行うことが出来るようになるし、悪いことやるやつは、どんな状況になっても何かしら考えて、何かやりだすものです。
どんなに監視をきつくしても、犯罪行為が完全に無くなることはないでしょうしね。

ま、もやしそばに限らず、ニュータッチの商品はレトロで美味しいので、見付けたら買ってみてはいかがですか。

最後までお読みくださりありがとうございます。
課金されたり変なサイトに飛んだりしませんので、応援してくださる方は
↓ここをクリックお願いいたします。

不動産・土地ランキング