こんにちは。宮本です。

みんな大好きなゆで太郎ですが、飯泉と金子で、特もりの比較をしていきたいと思います。

まず飯泉。

IMG_7014

揚げ玉とゴマ、そして柚子ですね。
柚子は揚げ玉の下にぶっかかっています。

IMG_7015

揚げ玉を乗せ過ぎましたね。
どうなるかはわかりきったことです。

IMG_7017

つるつるしたお蕎麦なのに、ゴマで汚してザラザラです。
香ばしくていいですね。

IMG_7018

やはり、揚げ玉を入れ過ぎたので、つゆがなくなりましたね。

IMG_7019

そば湯もゴマと揚げ玉で香ばしいです。
味はしませんが。

最後のほう、つゆの味のしない蕎麦を食べてましたが、それなりに食えますね。

次は金子。

IMG_7229

同じ(笑)
飯泉は揚げ玉、金子は天カスと言ったところでしょうか。

ま、つゆの吸いは同じくらいですね。
左のほうの黄色いのは柚子粉です。
全体的に薄い茶色になります。
デブ飯そのもの。

IMG_7230

この日は満月でしたので、やってみました。

IMG_7231

写真で比較はしてみたものの、味は一緒でした。
そばを食べ終えた後に皿に残る水分は、金子のほうが少なかったんですけど、その写真は撮ってなかったです(笑)

比較してみるとか言いながら、ただスマホの中の写真をアップしただけでしたね。

私はこうして、トッピングする部分を分けておいて、順番に食べることが多いんです。
ゴマのかかっている部分から食べ始めることが多いですね。

小学校の給食食べ方で、三角食べなんていうのがありましたね。
まず、おかずを全部食べ終えて、次におかずの余韻が残ってるうちにご飯を全部食べ、そのご飯を汁物を使って流し込みなさいと教えられました。
で、最後は牛乳の一気飲みでシメるんですよね。
足りなきゃ水道で水飲めと。

そう教えられてきたので、蕎麦も3分割してしまうんでしょうね。
なんでしょう。
ピザも3の倍数の6分割だと全部食べられるんですけど、8分割だと誰かとシェアしなきゃと思いますね。
虫食い状態になったピザは汚いと思ってしまうので、自分で1枚を全部食べるときには、右回りで順番に食べますね。
6時の方向から食べ始めて、最後は4時の方向で終わるみたいな。

半分ずつ味が違うならわかりますが、なんの脈絡もない、まだ両隣が存在する位置から取る人の気が知れません。
味が違うときも、誰かが食べた隣を食べるものだと思うんですよ。
真ん中を取ると、具のバランスがおかしくなることが多いですもんね。

イチゴが3つ乗ったホールのケーキを6分割したとき、イチゴのあるのが3つ、ないのが3つになりますよね。
その、イチゴの乗ったところだけ、無許可で3つとも食べてしまうヤツと一緒です。

真ん中を取ってしまっても、自分の取ったピザの具が隣に全て持ってかれても文句を言わない人ならいいんですけど、だいたいそういう人は、指やフォークで自分の分の具は確保しようとするじゃないですか。
汚いんですよね。
いや、指が汚いんじゃなくて根性が。

で、逆に、隣のを全て持って行ってしまっても、そういう人は「得した」とか言って、戻さずに食べちゃいますよね。

だからピザはシェアしたくないんですよね。

そういう感覚だから、昔、5人集まったとき、ピザーラで1万くらい使って5枚買ったんですけど、結局みんなでシェアしましたね。
1人1枚のつもりだったのに。
全部同じ味にすればよかったか。
そうすればシェアしなくても済みましたね。
とは言え、みんな大喜びでしたから、結果オーライですね。

ピザーラでイタリアンバジルってのが発売されたとき、けっこうハマりましてね。
実家に配達してくれるピザ屋はなかったので、お店に買いに行くんですよ。
基本、1枚3000円弱とかですもんね。
2000円以下のもあったと思いますけど、そういうのはあからさまに具がショボいような気がして、買ったことはなかったですね。

今は2枚目無料とか持ち帰り半額とかやってますから、当時よりは安くピザが買えますね。
グラッチェガーデンズなんかでもお持ち帰りピザを半額なんてやってますからね。
5枚買っても2000円とかですから、味とかにこだわりがなければ、ピザーラに買いに行く意味がなくなります。

実際、ピザの原価なんてたかが知れてるんでしょうね。
なんか高級なものを使ったところで、ピザ食ってるようなヤツに味がどうとかわからないでしょうしね。
そもそも高級食材や秘伝の調理法が似合わない料理です。
比内地鶏とか神戸牛とか、松葉ガニとかイセエビとか、そういうのを使ったところで美味しくなるとも思えない(笑)

高級食材が使われていないのは知っているし、いろんな種類があっても具が違うだけで、味なんかそんな変わらないんですけど、それでもピザは好きなんですよね。

蕎麦と関係なくなってきましたね(笑)

仕事、普通に出勤してやってますけど、うちみたいな仕事だと、リモート土木工事とかリモート建築工事は出来ないし、テレワークだと重説も出来ません。
ネット会議みたいな感じで契約やってる会社もあるのかも知れませんけど、業法上ではどうなんでしょうね。
契約だけだったら郵送の持ち回りと振込で何とかなりそうですけど、重説は雰囲気だったり身振り手振りを使いたいタイプなので、私には上手く出来るか心配ですね。
宅建士証を実際に提示せず、画面の向こうで首から下げとけばいいって言うならやれそうではあります。

棒読みでしょうね。
「これ読んどいてください」と変わらなそうです。

結構面倒な物件の説明の場合、勢いや迫力で読み切っちゃうことってあるじゃないですか。
ここは大事だから丁寧に説明するとか、ここはサラッと流すとか、リズムとか抑揚を付けて、理解度を深めさせるのと同時に飽きさせない工夫をしているものだと思うんですよ。

こういうのが基本になってきちゃうと、もう重説の読み聞かせなんてのは無くなっていき、それこそ「これ読んどいてください」とか「『承諾する』をクリック」で終わらせられちゃう時代が来るかもしれません。

重説に命かけてるような人だっていますからね。
そういう人の心には、ぽっかりと穴が空くんでしょうね。

リモート案内も難しいですよね。
営業マンが現地から、ビデオ通話みたいな感じでお客さんに電話かけて、「すごいでしょこれ」なんて言っても伝わらないでしょうね。
そもそも特にすごくないものに対しても「素晴らしい、すごい」って営業マンが大騒ぎしてるだけにしか聞こえないでしょうね。
テレビ通販は演出盛り込んで一方的に盛り上げられるのに対し、双方向ですので、答えに詰まるような質問をされちゃうとダメでしょうね。

だいたいそういうときに電波やバッテリーが切れるものですし。

現場にいないとわからないことってありますし、現場にいなければ冷めた目で見てて、雰囲気に流されることがないから、雰囲気や気迫で買わせちゃうテクニックが使えないんですよね。

間違って、それで決まっちゃっても困るんですよね。
重説の時に初めて知った事実みたいなのが多いだろうし、重説を聞き終わったときに、「ちょっと考えさせてください」ってなることになると思うんですよ。
重説聞いて契約しないなんてのはあり得ないんですけど、重説聞いてから契約するか判断する、と考えちゃう買主が出てきそうです。

重説に命かけてる人がそんなこと言われたら、しばらく立ち直れないでしょうね(笑)

ま、県西地区にも徐々に感染者が増えてきました。
感染者の家に石を投げたり落書きをしたり、消毒だと言って放火したり、縁を切ったり村八分にしたりしている人達もいますが、皆さんはそういうことはしないようにしましょうね。


最後までお読みくださりありがとうございます。
課金されたり変なサイトに飛んだりしませんので、応援してくださる方は
↓ここをクリックお願いいたします。

不動産・土地ランキング