こんにちは。宮本です。

かけうどんよりぶっかけうどんが好きなんですよね。
字づらと響きで好きですね。

丸亀でぶっかけました。
無許可(笑)

IMG_6889

麺が見えなくなるくらい、揚げ玉とネギを盛るんですよね。
貧乏症なので、タダで入れられるものは多めに欲しいんです。

IMG_6888

この日はちゃんとかき揚げがありましたよ。
かき揚げをどうやって食おうかと考えたとき、やっぱオンでしょと。

IMG_6890

豪快に乗せてみました。

IMG_6891

うどんがギトギトしてます。
ショウガもいっぱい乗せてきたので、これだけギトギトでも意外にさっぱりしてますね。
ショウガってのは、時間が経つと辛みが抜けるんですよね。
おろしたてのショウガをこんなに入れてきちゃったら、激辛うどんになっちゃいます。

多めのすりおろしショウガと豚肉とを混ぜ合わせて一晩置くと、肉がグチャグチャに柔らかくなりますよね。
筋の多い部位なんかだと効果ありますね。

ちくわ天ももらってきました。

IMG_6892

練りもの系にはうるさいじゃないですか。
小田原市民だから。
このちくわは、歯触りが硬かったです。
ハーフパイプみたいになってますけど、へこんだところにだしソースを埋めております。
セロリのへこんだところにマヨネーズを詰めるのと同じ要領ですね。

丸亀とかはなまるは讃岐系ですから、歯応えがすごくて、噛まないと飲みこめないんですよね。
福岡系のうどんなら柔らかいので、舌と上あごのごつごつしたところで挟めば切れますけどね。

ごつごつしたとこ、自分のを見ても気持ち悪いんですけど、犬はもっと気持ち悪いですよね。
肋骨っていうか、そんなふうな感じじゃないですか。
多分、そんなふうな骨なんかないんでしょうけどね。
犬の唇も、どどめ色だし波打ってるし、気持ち悪いですよね。

で、デカい犬って、だいたいよだれ垂らしてるじゃないですか。
小さい犬のほうがよだれを垂らしにくいような。

で、だいたい股間に顔を突っ込んできますよね。
好きなのはわかるけど、誰かれ構わず股間の匂い嗅ぐのはやめて欲しい。

一緒にいて楽しいし、癒されるんですけど、オスだと、気を付けてないと、いきなり脚とか抱えて腰振りだしたりしますからね。
脚を犯してるんでしょうかね。

あれを始めちゃうと、闘犬だと負けなんだそうです。

闘犬とか闘鶏とか、見たことないですけど、昔は大衆的な娯楽だったんですよね。
闘牛ってなると人対牛ですから面白いはずなんですよ。
あんなデカい牛が突っ込んでくるのをヒラヒラかわして、なんか剣みたいなのをグサグサぶっ刺して、一方的に惨殺します。
失敗すると死んじゃうこともあるから、大衆は盛り上がります。

昔はライオンとかと闘わせたりもしたんでしょう。
ローマのコロッセオとかでは。
ライオンも今みたいな生息地域ではなく、アフリカからアジア、ヨーロッパまで、広く分布していたそうです。
イタリアにもいたかも知れません。
今はヨーロッパやアラビア半島付近にしか生息してないんですよね。

クマはアフリカにはいませんけど、捕り尽くしたそうですね。
200年くらい前まではアフリカにも生息していたそうです。

人間が直接絶滅させることもありますし、人間が持ち込んだ動物によって、その地域に住んでいた動物を絶滅させることもあります。

日本にもオオカミがいましたが、捕り尽くしてしまったんですよね。
そう言えば野犬もいなくなりましたね。
キツネとかタヌキとかイタチはよく見かけますけど、犬はいませんね。
キツネじゃ鹿やイノシシは狩れないのでしょう。
でっかい犬がたくさんいれば、鹿やイノシシが減りそうですけどね。

狂犬病とかが流行するから、みんな駆除したんですよね。
あれは発症したら助からないそうですね。
水を怖がるようになるとか言いますけど、ウイルスが人間の思考まで狂わしちゃうんですね。

ある意味コロナより怖いんですけど、感染リスクが低いんですよね。
日本以外、ま、途上国なんかだと、まだ感染する人がいるようです。

イタリアでの死者が中国を超えたとか言いましたね。
ま、中国での死者は、ある程度以上はカウントしませんけどね。
知らない人は知らないと思いますけど、実際に気温が36℃あっても、33度と発表する国です。
正確な気温計が作れないような国ではありません。
いろいろとウソを発表していることは国民も知っていますが、正確なことを言う行為が、必ずしも正しいこと、利益になることだとは考えてはいないんです。
悪いことは小さく、良いことは過大にやってもらって構わない、という感じですね。

だから数字的に正確なものは期待できませんし、そもそも、共産党に不利になるような発表なんてできっこないんです。
天安門事件、有名ですけど、中国国内では、そんな事件はなかったことにされていて、知らない人も大勢いるんです。
中国を超えてはいないと思いますし、イタリアの規模では、中国を超えられないかも知れません。

日本では感染者も死者も中国からの発表を鵜呑みにしたような報道が溢れていますが、それはおかしいって誰でもわかるんですけどね。
正確な数字を調べる術がないから仕方ないですけど、せめて中国だけは数字の後に(参考)とか(中国政府発表)とか書かなきゃダメだろと思いますね。

で、イタリアでの死者の90%以上は、基礎疾患のある高齢者なのだそうです。
そういうところを報道しないから、伝染ったらみんな死んじゃうみたいに思われるんです。
糖尿病とか高血圧とか、そういう人がかかるとヤバいんですね。
不健康というか、基礎疾患を抱えた人が多い地域では、この新型コロナウイルスの被害が増えるのかも知れないですね。

若くて、かつ、元気な人は、ほぼ重症化していないそうです。
昔から言いますけど、病は気からって言いますもんね。
やっぱ健全な人は、かかっても「風かな?」程度で済んじゃうんでしょうね。

日本でも、大勢亡くなってると思いますけど、基礎疾患のほうで亡くなったことにしてて、コロナで亡くなった人にカウントしてない可能性もあります。

義父が入院したんですけど、高齢で熱があるって言ったら、どこも断られたんですよね。
神病院は受け入れてくれましたけど、神病院にはダイプリに乗ってた人も入院してたそうですもんね。

あ、神病院ってのは、松田惣領の足柄上病院のことですけどね。
何が神って、すぐ近所に大西があるんですよ。
で、大西側から線路渡れば、やぶそばもあるじゃないですか。
まさに神。

私の持論で、病院の近くには名店がある、というものがあります。
小田原市立病院の近くには雪だるまがあり、山近記念総合病院の前にはアトムがありますよね。
小林病院の前にはどすんがあり、小沢病院の並びには正庵があります。
大内病院の隣には大幸があり、循環器病院の近くにレザンがあり、曽我病院の近くにも平野屋があり、湯河原中央温泉病院の裏にも高松食堂があります。

もう決まってるんですよ。
病院があれば、近くに名店もあるんです。

逆に、病院がいっぱいできれば、名店も増えるってことですよね。
歯医者とかコンビニとか美容院みたいに、あちこちに病院作ればいいのに(笑)
診療所は多いですけど、病院ってなると大規模だから難しいし、そんなに病院ばっか出来ても、お客さん入んなきゃ潰れますけどね。

病院って、いらっしゃいませとかありがとうございましたって言いませんよね。
客商売じゃないんでしょうかね。
客を患者と呼び、診てやってカネ取るんですけどね。
またお越しくださいってのはよくありませんけど、診察券なんかで客の囲い込みはするじゃないですか。

ポイントカードみたいになってるとか、アプリでクーポンがダウンロードできるとか、そういう診察券だと面白いんですけどね。
10回通ったら診察料割引とか。
どうせジジイとか、毎日来てるやつがいるので、そういう人ならポイントも貯まりやすいですね。

大人のお医者さんごっこのお店なら、通ってポイント貯めれば指名料タダとかになりそうですけどね。
平塚の北口にあるんですよ。
そう言えば、そのお医者さんごっこの店の近くにも泪橋っていう名店があったわ(笑)

タイトルが「ぶっかけ」なのは、外人が「bukkake」というワードで検索することが多いからで、実験です。
外人、そういうのが好きなんでしょうね。

翻訳ソフトかなんかで読んでくれれば。
ライオンがどうとか、読めてもがっかりさせるだけかも知れませんが。

ま、無許可でぶっかけるの、あまりお勧めできませんが、する場合は状況等を勘案し、その上でするかしないかの判断をしましょうね。


最後までお読みくださりありがとうございます。
課金されたり変なサイトに飛んだりしませんので、応援してくださる方は
↓ここをクリックお願いいたします。

不動産・土地ランキング