こんにちは。ひのき建設の宮本です。

建物を建てるときには断熱材を使用しますが、当社ではアクアフォームという泡状の断熱材を使うことがあります。

断熱材って言うと、繊維質のものをビニールに入れてあって、でっかい布団みたいなものを釘で打ち付けていくことが多いんですけど、これは吹き付けていくタイプなんです。
ホームセンターなんかでウレタンフォームってのを売ってますけど、それと同じような感じですね。

隙間なんかができにくく、作業も早いんですね。

今当社で建築中の建物の中を見たら、それを施工した後だったので、写真を撮ってきました。

RIMG0007

RIMG0006

RIMG0008

RIMG0009

外壁にびっしり張り付いてる白いのがアクアフォームですね。
この後、内側に壁を張っていきます。

斎藤工さんがコマーシャルやってる、Z空調の桧家住宅さんが、やっぱこれやるんですよね。

冬が温かいのはもちろんなんですが、夏の暑さには特にいいですね。
エアコンかけておいて、外出するときには切るじゃないですか。
で、切ってしばらくして帰ってきたら、2階なんか、また暑くなってそうなものですけど、そういうのはほとんどありませんね。

冷暖房効率が良くなるので、電気代も抑えられると思いますよ。

小さい家はもちろんですが、大きめの家なら効果は大きいと思います。

たいがい断熱材は入ってますけど、効果が低ければどうしようもないんですよね。
昭和の建物なんかだと、こういうのが入ってなかったりして、あるだけでも効果を実感できますけど、張り付けの断熱材の家からの建替えですと、これもまた効果を実感できると思いますね。

外断熱がいいとか言いますけど、メーカーが指定されたり価格が上がったりすることもありますからね。
だったら泡断熱を使って建ててもいいんじゃないかと。

うちの場合はオプション工事になり、標準の断熱材との差額で承っております。
材料費なんかが、標準の断熱材より高いので仕方ないんですが、それでも他でやるより安いとは思います。
これ、リフォームでも承っておりますので、気になる方はご連絡くださいね。

お問い合わせはひのき建設
電話 0465-71-0085
メール hinokikensetsu@yahoo.co.jp まで。

宜しくお願いいたします。

最後までお読みくださりありがとうございます。
課金されたり変なサイトに飛んだりしませんので、応援してくださる方は
↓ここをクリックお願いいたします。

不動産・土地ランキング