こんにちは。ひのき建設の宮本です。

4月に、「携帯電話の分割払いは、滞納すると面倒ですよ」という内容を記事にしました。
それの関連で。

家を買いたくて、住宅ローンの事前審査を申し込んだら、否認されてしまった方がいました。
身に覚えがないので、個人信用情報を扱う会社に、自分で自分のことを調べてもらったら、数年前に解約した携帯の、端末の代金が分割になっていたのを知らなくて、それが未払いになっていて、「異動」と記載されていたそうです。

この「異動」があったままだと、貸し出すほうは警戒します。
貸し倒れリスクがあると判断されるからです。

数千万円ものお金を貸して、それが返ってこないとなると、大企業である銀行でも、痛いものです。
当然、抵当権は設定していますから、貸したお金が返ってこなければ競売にかけますが、競売にかけるだけでも時間とお金がかかります。
たいがい、手元に残るお金は、未払いになった金額より少なくなるんです。

だから、借金をしたら自分の命よりも返済を優先してくれる人物に貸したくなるんですね。

当然ですね。
私も、よく知らない人にはお金を貸しませんから。

保証人がいても、あてにならないので、あくまでも本人の返済能力を審査するんです。
審査するのは、保証料をもらう代わりに、返せなくなった住宅ローンの肩代わりをする保証会社という団体で、審査基準に合う人が、ローンを組めるということになります。

pp

画像はイメージです。

携帯電話の会社は、最初は振込依頼書なんかを送ってきますが、しばらくすると請求や通知もしないで、異動にだけしてそのまま放っておくことがあります。
最初に借りたのは少ない金額でも、何年も経過すると、下手すりゃ何倍にも膨れ上がってしまいます。
そして、それを支払わないと、その間はどこの金融機関も相手をしてくれない人になってしまうんです。
困れば気付いて返してくれるだろ、と思ってるのかも知れませんね。

その方には請求がなかったため、滞納があることを知らなかったそうです。

今支払ったところで、5年間は履歴が消えません。
ということは、完済してもその後5年間はこの状態が続きます。
保証会社が、お金を借りても返さない人だと判断する状態が、完済から5年続くということです。
その後どうなろうと、ちゃんと返済しなかった奴が悪い、というスタンスですかね。
5年間はみそぎの期間ということでしょうか。

貸すほうからすれば、貸し倒れの被害者を増やさないため、という側面もあるかも知れません。
それでも、本人も知らずに膨れ上がった延滞金を、後で払ってくれれば、経費を差っ引いても、かなり儲かるようにも見えますが。

長年、電話回線使ってくれてた、いいお客さんだと思うんですけどね。
私なんか1年分合計したら、通話料とかで15万円以上にもなるのに。
20年なら300万円ですよ。
昔は携帯使えば高かったんだし。
そういう、義理も人情もないスタンスはどうかと思いますけどね。
電話屋であって、金貸しではないんだから。

若者が車やバイクに憧れを持たなくなり、結婚もしたくなくなったのは、携帯代が高いのも理由に挙げられるという人もいるんですけどね。

あ、金貸しでしたね(笑)
れっきとした(笑)
勘違いしてました(笑)
CICに履歴載せるんだから金貸しでしたね(笑)

金貸しって言い方は良くないですね。
差別的か。
金融屋ですかね。
それも良くないか(笑)
お金を貸してくれる、いい人なのに、なんで返す段になると悪者にされるんでしょうか(笑)

税金や電気代は、滞納してもCICみたいな信用情報機関に履歴が載るようなことはなさそうですね。
税金は滞納すると、最後は財産の差押えとかされちゃいますけどね。

返さないほうが責められるのは当然ですが、請求くらいすればいいじゃないかと。
訪問したって電話かけたっていいじゃないかと。
そのうえで、どうしても払ってくれないなら異動かければいいんじゃないかと。
将来お金が借りられなくなりますよ、と警告して。

クレジットカードなんか持つと、細かい字でごちゃごちゃ書いてあるようなのを渡してくれますが、誰も読みませんよね。
画面上で「☑同意する」のやつもそうです。
重要なのは、「借金を返さなかったら、うちだけじゃなく、全金融機関を敵に回しますからね」ということですから、それだけは最初に口酸っぱく言ってほしいものです。
うちらがやりにくくなるから。

さて、相当、多いと思いますよ。
たまたまかも知れませんが、20件に1件くらい、こういうのあるんじゃないかと感じます。

で、そういうお客さんに5年後まで待っててもらうのか、という話ですが、不動産って、勢いがないと買えないじゃないですか。
5年後には違う環境になっていますし、また盛り上がってくれるかはわかりません。

今しかないんです。
今ある物件で、今買ってもらうしかないんです。

家を買おうと考えていて、このような状況に置かれている方がいらっしゃいましたら聴いてください。
今、家を探しているのは、住まいの環境を変える必要があって、今買える物件があって、それを今買えるから探しているんですよと。

しかし、これといった突破方法があるわけではないんです。
先日はこのケースで突破できましたが、必ず突破出来るとも限りません。

ですが、どうすれば借りやすくなるかの提案は出来ます。
とても狭き門ですが、なんとか出来る場合があります。

今回、こんな状況でも、2つの金融機関から承認をもらえました。
日頃の行いが良かったのでしょう。

諦めないで、まずはご相談を。

お問い合わせはひのき建設
☎ 0465-71-0085
✉ hinokikensetsu@yahoo.co.jp  まで。





ブログランキングに参加しています。
応援していただける方は
↓ あ ポチっとな  お願いいたします。
人気ブログランキング


ありがとうございます!