こんにちは。宮本です。

もう、夏のように暑いですね。
暑い時、熱い男は厚いハンバーグを食べるものです。

そこで、グリルとしおさんでチーズバーグ定食をいただきました。

ま、チーズハンバーグが食べたきゃ、ガストにでも行きゃあいいんですけどね。
今だけ特別に399円ですし。
ガストならハンバーグとチキンの竜田揚げのコンビも神ですね。
皆さんも店員さんに、「気持ち悪いほどタルタルソースを付けてください」とかお願いしちゃうんじゃないですか。
聞いてもらえるんでしょうかね。
ミックスグリルも捨てがたい。
ミックスグリルのハンバーグを、チーズインのハンバーグに換えてもらっちゃうんですよね。

完全に回し者(笑)

事務所からは開成町宮台のガストが近いのですが、グリルとしおさんなら塚原だからもっと近いですからね。

IMG_3536[1]

ご飯はすごいことになっています。
ピントが合わないくらいの山盛。
「まんが日本昔ばなし」で、正直そうなお百姓さんが食べてるようなご飯。
小食の方は、「ご飯半分で」と言ってますね。

IMG_3535[1]

このチーズの盛り。
すごい糸引くんです。
ガストみたいな、いわゆる「ファミレスのハンバーグ」でなく、豚肉と玉ねぎが多めで家庭用の配合。
いいですね。
これはここの「ジャンボハンバーグ」でも一緒ですね。

大きさはジャンボサイズではありませんが、それでも大きめ。
200グラムくらいありそうですね。

ガストみたいに、肉の中に4種のチーズが、とかではありませんし、多分1種類なんでしょうけど、かなり多めに載っています。

サラダ、大盛ライス、味噌汁、たくあん、レモンティーまで付いて税込880円。
コスパ高いですよ。
洋食店ですが、味噌汁やたくあんなど、内容だけ見れば、定食屋の構えを見せていますね(笑)

「たくあん」なのか「たくわん」なのか、子供の頃、よく議論しましたね。
「沢庵和尚」なる人物が、室町時代にいたとかなんとかで、じゃあ「たくあん」ですねと知ったのが大人になってから。
それまでは話す相手によって、「たくあん」と「たくわん」を使い分けてましたね。

「サケ」と「シャケ」みたいなもんですかね。
塩鮭は「しおじゃけ」と言いますもんね。
「しおざけ」とか「やきざけべんとう」でも通じるんですけどね。
漁業資源の話になると、「サケ・マスの漁獲制限が―」とか言うんですね。
日本語って難しいですね。簡単にしゃべってますが。

「今日は8月1日、母国の日本に到着。空港の向日葵が綺麗。明日から十日間、戦後の日米関係において残された課題を、明後日の日刊スポーツで白日の下に晒す予定の日下さんと、京都の向日町へ行くつもりだ」
「日」の読み方。
これを普通に読んじゃうから日本人は恐れられるんです。
外人が日本語を勉強してると発狂するというのがよくわかります。

日下さんなんてかなりマイナーな苗字ですけどね。
「曰く」も付けましょうか(笑)

外人には「漢字まではやめとけ」ってアドバイスするそうですね。
「やるなら覚悟しろ」とか言うそうです。
ま、どうでもいいですね。

昨日はほとんど食事らしい食事をしていなかったので、かなり、胃にきましたね。
あまり突然にたくさん食べるのもよくないですね。
いつもたくさん食べて、胃袋を大きくしておきましょうね(笑)



人気ブログランキング