こんにちは。宮本です。

昨日、家族と話していて、思い出したことがあったので、書いてみます。 

ヤバいので、フィクションを所々に混ぜてお送りします。

危険を感じるお客さんって、たまにいますよね。
しかしこれは、かなり危なかったですね。
「危なすぎ」でちょうどいい表現かと。

美人すぎる市議とか、可愛すぎる海女とか、「なんとかすぎる」って言い方が増えましたね。
「神すぎる」とか、もう、使い方がよくわからなくなってますが。
市議や海女は、本来、美人でいることよりも仕事内容を称賛されるべきで、その職種には不必要なほど美人だから、ある意味マイナス向きな「すぎる」という言葉をくっつけられちゃうんだな、と思っていましたが、神なら凄いのは当たり前で、当然マイナスにはなり得ないわけで、もはや神を冒涜してるんじゃないかと感じるとか感じないとか。

神様、信じてますか。


さて、以前に勤めていた会社でのこと。
もう、20年くらい前でしょうか。 
もう少し後か。

一人の中年男性がご来社されました。
賃貸で一軒家を探しているんですと。

その会社では賃貸の物件はほとんど扱っておらず、ご紹介出来るような物件は少なかったので、山と山の間にある、古い分譲地の中にあるような物件を1件だけ紹介したのですが、たまたまそれがハマったみたいで、「これにします」と。
道路が公道じゃないとか、水道が元々公営じゃないとか、分譲した会社が倒産してるとか、なんか怪しいところだった記憶があります。
売買だと面倒な調査が必要ですが、賃貸ならほとんど関係なし。

では、これが申込書で、必要書類はこんなので、諸費用はこんなになります、みたいな話になったんですね。
会社名義で借ります、ということだったので、会社の詳細をうかがったら、関東北部にある会社で、衣料品の貿易かなんかの商売をしているんだということでした。
ここで商品を保管したり、発送したり、そんな感じだったと思います。

なんでこんなところ?という疑問もありましたが、会社自体はそれなりにちゃんとしていたようですし、契約まではすんなりいったんですね。

ご入居され、ちょっとしたら、その家の付近の住民の方から、会社にクレームが入ったんですね。
「何だか、朝からお経みたいなの唱えててうるさいし、県外ナンバーの車がいっぱい停まってて邪魔だ」と。
「気持ち悪い。あれ、Oウム真理教だろ」みたいな。

テレビや新聞で見て覚えていた、Oウムの関連会社名ではなかったですし、人当たりの良い、人の言うこともわかってくれるような社長さんでしたので、まさかとは思いましたが、クレームが入った以上は、現地を見てこなければいけませんからね。
入居者名簿には社長さんとそのご家族しか書いておらず、社員が何人も利用するなんて聞いてません。

ちょっとビクビクして見に行きましたね。

信者1

やっぱり、県外ナンバーの車が停まってるんですよ。
北関東の県ではなく、甲信越地方のナンバーばっかし(笑)

ドアチャイム鳴らして、玄関先でお話ししましたよ。
これこれこういうわけで来ました、と。
付近の住民の方が不安がっているので、不安にさせるようなことはしないように、と、お願いしました。

ちょっと家の中をのぞいたら、壁に白いシーツみたいな布を張ってあったんですね。
ピシっとではなく、ふわっと張ってあるんです。
部屋の中、一面に。
風なんか吹いたら布が一斉にふわふわ動くような感じで。


うわっと思いましたね。

それでも、その社長さん、「それはまずいですね。変に思われるのも嫌だから、静かにしますし、路上駐車はやめますし、地域の清掃活動なんかにも参加します」みたいに言ってくれて、その後はクレームが入らなくなりました。

2年か3年経って、退去することになったんですね。
退去するときには原状復帰が原則なので、荷物やら壁の布は借主に撤去してもらうんですね。
撤去完了の知らせを受けたので、確認に行きましたら、いかにもな感じで痕跡が残ってましてね。
階段の一段一段に、六芒星って言うんですか?ダビデの星だかイスラエルの国旗だか、あの星のシールが貼ってあったんですよ。

普通、あんなもん、階段に貼らないだろと。
剥がして出てってくれよと。
まさに宗教施設。
Oウムかどうかは知りませんが、そういうのが借りていたということだと思います。

別の話。
同じような時期、「法の◯三法行」なんかも来ていましたね。
あれはホントにヤバかったみたいですね。

富士市だか富士宮市だかに、本部があったと記憶しています。

中年のご姉妹のお客さんが来社されましてね。
妹さんが、お姉さんの住まいを探していると。

賃貸マンションを探しに来たのですが、無職で、保証人もないと。
妹さんは別に住んでるところがあり、他の人の保証人になってるんだかなんだか、自分は保証人になれないと。
当時は保証会社なんてそんなに普及してなかったのか、その存在を知らなかったですからね。
断ったんですよね。
ナマポをもらえる人なら、というアイディアなんて、当然、その頃にはありませんでした。
無職で保証人もない方はお帰りいただくような対応しか出来ませんでしたね。

ま、お客さんとは相談の中で、いろいろお話はしましたけどね。
定年まで40年くらい、看護師をしていたと。
結婚はしなかったと。
妹に誘われて入信したけど、法の◯は素晴らしいと。
先に入信していた妹は、最近、幹部になったと。
入信当初は朝から晩まで、ずっと写経をしていたと。
何か月も写経をしていると、本当に心が楽になってくると。
今は何も考えず、法の◯の素晴らしさを周りの人たちに伝え、一緒にやろうと誘っていますと。
お金は不浄なので、心をきれいにするために手放しましたと。
それより、物やお金より大切なことを見つけましたと。 
最高です!と。

私は、「ああ、この人は、全てを持ってかれたな」と感じましたね。
大きい病院の看護師を40年もしてて、子供もいなくてこの地味な雰囲気だったら、東京で一軒家が買えるくらいの財産は十分あったと思うんですよね。
平均的な女性会社員の数倍の年収がある場合があります。

お布施しちゃったんでしょうね。
洗脳されて。
妹さんもクズですね。
最初は「足の裏が汚い」とか罵られたんでしょうね。
その数年後、教祖が逮捕されましたね。 
数年前、出所して再開したそうですが。

平成初期は、洗脳ビジネスというものが全盛だったんでしょうかね。
この時代でも、まだ騙される人がいますけどね。
もっと巧妙に、えげつない方向に変わっているようですが。

また別の話。
当時のライバル会社、モロにOウム真理教関連の会社を相手に仲介を決めちゃいましたね。
そのOウム関連会社、20代後半くらいの、見た目がいい女性を寄越したんですね。
〇〇駅の近くで、保養所のような物件を探していると。
予算はすごかったんですよね。
ちょっと仲介しちゃいたくなるような。

その女性、人の話を聞くような感じじゃなかったんですよね。
一方的に条件を言ってきて、こちらの提案には耳を貸さないような構え。
100パーセントの条件を満たす物件なんか無いから、予算はあるんだし、土地買って建てたり、古いの買って解体したほうがいいんじゃないか、みたいな提案をしたような。

「年末客」という言葉があるように、高額の物件を買いに来るお客さんを見て、不自然なところを見つけたときには、営業マンは、普段よりアンテナを増やすものです。
「M資金」や有名人の息子だとか、よくあるんです。

まず、若い女性がそんな高額の物件を買いに来ることが不審です。
不動産屋は、お客を見た目だけでは判断しませんが、状況からして不審でした。
誰でも知ってる会社なら、そこまで怪しむこともなかったかも知れませんが、占い用語だか聖闘士星矢だかの漫画に出てきそうな、ふざけた(笑)社名だったので、さらに不審。
ちゃんとした会社のちゃんとした社員さんなら、こちらの言い分を聞かないような態度はとらないはずですし、まあまず、この手のお客さんを相手にしたら、後で揉めるパターンなのが予想出来ました。

そのときは知りませんでしたから、「じゃあ、探しといて、あったらご連絡差し上げます」みたいにしたのですが、後で誰かが調べたら、ちゃんとOウム関連だと知らされてた社名でしたから、そのままフェードアウトしたんですよね。

しばらくしたら、駅の上のほうにあった保養所が売れてて、黄金聖闘士みたいな会社名の表札になってて、周りからの情報で、ライバルだった会社が売ったんだと聞いたんですね。

営業マンとしての個人の信用はもちろん、会社の信用に関わりますからね。
フェードアウトの判断は正しかったんですね。

こんなことが周りに知れたら、地元ではやりにくくなっちゃいますよね。
とは言え、当時も今も全然大丈夫みたいですが(笑)
もったいなかったか(笑)

先日、広島でアカの活動家が逮捕されましたね。
私が生まれる前から逃亡してた犯人かも知れないと。
あちこちで支援者に匿われて、今まで生きてきたんでしょう。

先日、警察署から、「過激派等のアジトに使われている可能性があるので、不審な居住者を見たら通報してください」みたいなビラが配られてきました。

数年前まではカルト宗教のアジトに注意していましたが、今は過激派のほうが心配です。
過激派という単語をネットなんかで調べれば、どんな人たちが匿いそうなのか、わかると思いますよ。

外人も、いろんな理由でたくさん日本にやってきてますが、その何パーセントかは帰国してないんです。
エセ台湾料理屋とかエセインド料理屋なんかも、客がいないのに怪しいくらいに増えてますしね。

昼間なのにカーテンしてあるとか、夜しか外出してるの見たことないとか、不特定多数の人間が出入りしているとか、見かけるといつも誰かと携帯で話してるとか、特徴はあるようなので、気付いたら通報しましょうね。

自分が仲介した家がアジトになってた、というのは勘弁ですよね。
これ危ないパターンだな、と感じたら、警察に相談するなり、他社にパスするなり(笑)

私は国籍やイデオロギーや宗教観で物事を判断したくはありませんが、上のような場合には危険を察知するアンテナの感度は高くしたほうがいいと思いますよ。

ま、今月のグラフと相談して、自分で判断しましょうね(笑)



人気ブログランキング