こんにちは。宮本です。

今日は雨の中、ネズミーランドへ行ってきました。
行ったと言うか、近くに用があったので、ついでにちょっと寄ってきた程度ですが。

ネズミさんのところの近くに「日の出商店」さんというお店があり、そこに用があったのですが、20分くらいで用事は済んでしまいました。
何度か行ってますが、前を通る度にネズミさんちが気になってたんですよね。

もう、いかにもな感じがビンビンに伝わってきます。

付近は畑や田んぼなどの農場が多く、静かなところですが、裏道になっていますので、わりと交通量は多いようです。
最近、橋が出来たり道路が繋がったりして、注目されてるエリアです。
小中学校や高校まで近くにありますが、ここから最寄りの駅までは徒歩20分くらいですね。

あ、何枚か写真撮ってきました。

IMG_1859

IMG_1860

IMG_1862

IMG_1861

IMG_1863

哀愁漂い過ぎ。
煤けてるって言うか、風化しかかってると言うか。
何枚も撮ってしまいました(笑)
有名なスポットなんでしょうかね。

松田ランドみたいにバス停があるような場所ではないようです。
松田ランドは、松田と秦野の間の、ある意味有名なテーマパークですね。
豪快にやどろぎっちゃってる場所です。

あ、「やどりき」って読むそうですね。
「みゆきのはま」とか「せんごくはら」とかと同様、以前と読み方変わったんじゃないですか。
「とうたり」は「とうたり」のままですが。

ま、ここはネズミーランドです。足柄上郡の。
まあ、なんだ、えーと、子供、いないなぁと。
今日はかなり空いてます(笑)

嫁さんと子供たちは先日行ったみたいですが、私は今日になりました(*^^)v

あ、ネズミーシーも含めて「ネズミーリゾート」なんて言ったりするんでしたっけ。

お土産の袋に「隠れネズミー」探しちゃったりして。
「絶対ある! 絶対ある!」 探してみてください。
見つけられた人がいたら、是非写真を。
上郡、意外とアツくて感心します。

日の出商店さんでの用事はこれでした。

IMG_1856

IMG_1857

IMG_1855

IMG_1858

メニューがやたら少なく、店舗も2坪くらいの大きさです。
家族連れが来たらそれだけで満席。
それでこのクオリティ。

今日はチャーシューそば大盛。
京風だけあって、ドカ盛の青ネギと背脂、そしてキリッとしたしょうゆ味ですね。
背脂のツブツブ感は少なめですが、スープに溶け込んでコクを出しまくっています。
チャーシューは7枚くらい入っていたような。
麺は細めのストレート。

このタイプ、小田原では久野のみすずさんが似ています。
みすずさんのはここよりコクが少なめで、よりキレがあります。背脂のツブツブ感を、床のヌルヌルも含め全身で味わえます。

ここにも塩味がありますが、まだ未食です。
みすずさんの塩は、コクとキレのバランスが素晴らしく、とても上品な味わいですので、当然、ここの塩も気になっちゃいますね。
しょうゆよりも塩のほうが高い店が多い昨今、ここは同じ600円ですからね。
チャーシューで大盛でも800円。
今どき珍しい設定で、ファンには優しいお店です。
みすずさんは塩のほうが150円高いんですよね。
塩だと誤魔化せないから、いい材料使って作るため、どうしても高くなるものだ、と聞いたことがあります。
値段だけ見ると、期待出来ないような思いもありますが、なにしろ試してみなきゃ語る資格ありませんからね。
次回にチャレンジですね。

おつまみは「おつまみチャーシュー」しか置かない潔さ。
無駄を極限まで排除し、出来ることだけを磨きぬいて客に提供する。
「いろいろ詰め込んで失敗」とか「席数・店舗数を増やし過ぎて失敗」とか、どっかで見た失敗談とは無縁なスタイル。
やっぱし個人店は違いますね。
そもそも入れるお客さんの絶対数が少ないし、ここの客はこんな上大井駅なんていう御殿場線の無人駅みたいなところまでわざわざこの店を目当てで来るんだし、ラーメンが好きな人なんておんなじ店に毎日行ったりしないんだから、メニューなんか少なくたって関係ありません。
その姿勢に清々しさを感じます。
マスターもお客さんに、「わざわざ来てくれてありがとう」という気持ちを乗せて「ありがとうございます」と言ってるように聞こえます。
代わりはいないのですから、無理せず長く続けていってほしいです。

テーマはネズミーランドだったのに、ラーメンのことになると熱く語ってしまいますね。
ネズミーランドの場所、お知りになりたいときは私までご連絡くださいね(笑)

人気ブログランキング